Image processing20190311 8 l8jlar
STH Japan株式会社

STH JapanはSTHグループが保有するノウハウの提供を得て、国内においてスポーツホスピタリティーを定着させ新たな市場を開拓していきます。具体的にはラグビーワールドカップ2019™日本大会において6万名の取扱いを目指します。
また、2012年にはオリンピック・ロンドン大会での会場内ホスピタリティーの実績もございます。我々はスポーツホスピタリティー事業を将来におけるスポーツビジネスの柱として育てていきます。
今後も様々なスポーツイベントにおけるスポーツホスピタリティー商品を開発し、それを軸にしたプロモーションを展開、その価値を発信していきます。


スポーツホスピタリティーとは

STH Japanは、STHグループがこれまで培ってきた大型スポーツイベント等のコマーシャル権や独自の観戦企画・販促、業界ネットワークと、JTBが有する日本国内における法人ネットワークや経験値、人的資源などを組み合わせ、積極的にスポーツホスピタリティーという新しいビジネスモデルを日本に、そしてアジアに精力的に広げてまいります。

「おもてなし」の精神

STH Japanは、当社グループが得意とする伝統的な「欧米流のホスピタリティー」に、日本ならではの「おもてなし精神」を加えた独自のホスピタリティーを持ち味に、いつまでも思い出に残る最高のスポーツ観戦体験をご提供致します。

ラグビーワールドカップ2019™

2019年、日本はラグビーというテーマにおいて世界からの注目の的となります。
このような世界的なスポーツイベントの開催国になることは、国民を挙げて成功させたいという誇りと活力に繋がります。
そのようなモチベーションと一体感は多くの社会的なベネフィットをもたらします。
−全国的なインフラ整備とラグビーワールドカップ™によるレガシーの具現化
−ラグビーワールドカップ™観戦の為に41万人とも予想されるインバウンド需要の創造
−全国12会場を中心とする地場経済の活性化
−テレビ放送による全世界のべ8億人(推計)へのリーチ
−世界210ヶ国(推計)で放送されることによる大きな話題性

本社
東京都新宿区霞ヶ丘町4-1 日本青年館ビル8F
STH Japan株式会社の求人情報

STH Japan株式会社のソーシャルメディアリンク

Powered by: Hp logo